×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
◆あなたも結婚相手の条件について真剣に考えてみませんか?
◆40代、50代の婚活

 

◆恋愛はいくつになっても関係ないっていうけれど

スポンサード リンク

 

いくつになってもときめきを大事に

40代、50代になってくるともう人生を長く経験してこられただけあって酸いも甘いもいろいろ経験されていることと思います。そうすると人を見る目も出来上がってきているので、なかなか人に恋をしなくって恋愛をされる機会も少なくなります。

経験は豊富なほうがいいですが、先入観を持つと次に進めなくなります。過去の経験は時として新しいことをするのに邪魔になる場合があります。

そんなときは童心にかえり、希望をもつこと、いつまでも現役でいる気持ちをふるい立たせることです。自分にふさわしい相手はそう多くはありませんが、昔好きだった人を思い浮かべながらまた新たな出会いを期待していれば、例えいくつになってもその機会はおとずれます。

若い世代からみると中年の恋愛は恥ずかしいと思われがちですが、自分が若い頃にも随分恥ずかしい経験はしたはずです。恋愛とは常にそういった独特のオーラがあるのは否めません。 年齢として大人である以上は社会的に求められる責任はありますが、恋愛に関してはそうである必要はないと思います。それはときめきを大事にすれば恥ずかしがる余裕もなくなることでしょう。

 

相手の過去にこだわることはしない

お互いにそれなりの年齢に達していると、過去にすねに傷をもつこともあると思います。それはそんなに未熟だったわけですが、それを気になさるようでは、今目の前にいい人が現れても交際は難しいことでしょう。

過去に起こったことは実際に本人も傷ついていることも多く、あまり触れられたくない話題かもしれません。それをあなたが気にしてほじくりかえすようでは発展的な関係に結びすくことはないでしょう。それはあなたの知らない過去の出来事であって、現実的には今とこれからが大事だからです。

今の条件を相手が満たしているのであれば、過去に起こった負の出来事にこだわるのはやめましょう

 

相手の思いやり

自分を振り返ってみると独身時代も長く仕事も忙しければ、結婚相手も見つけられなかった状況もおありでしょう。そのような期間が長いとどうしても生活がマイペースになりがちで、相手より優先してしまう場合もあります。 結婚とは共同生活なわけですから、自分以外の他人を常に意識していなければなりません。

そういうときには相手を思いやる気持ちが大切です。自分勝手にはいきませんので、やはり面倒だと思う人には結婚はむかないと思われます。

しかし、人生も長く経験されてきたわけですので、他人に対しての思いやりや人間としての成熟度がありますので、柔軟に対処できることは頭をやわらかくすることによって実現可能でしょう。 大人としての包容力でこれから新たな人生が開けると思います。

出会いは自分から求めるものです。ぜひあなたも、この機会に新たにチャレンジしてみてください。

スポンサード リンク