×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆結婚前にお互いの年収を知ることは大事ですね。

◆結婚相手の条件 年収

◆結婚相手の条件でこれくらいは欲しい

スポンサード リンク

結婚相手の条件として年収をあげる人は多いと思います。

最低限、男性に稼いで欲しい年収というものはあるでしょう。女性についてはあまり年収の条件をつける人は少ないようですね。

年収といのはみな人それぞれでありますから、一概にいくらが高い、低いとは決められるものではありませんが、おおよそのことはおわかりだと思います。 ただし年収を基準に考えると自ずと自分の結婚する相手の職業や身分などがより明確になりやすくなるともいえます。

 

一般的に収入の高い職業

パイロット
医師
大学教授
大学助教授
警察官
弁護士
公認会計士
      

                                                    

ただし経験や年齢、勤務先によっても収入は変ってきます。一般的には中小企業より大手企業、そして外資企業が給料が高いとされています。

しかしながら、一般に給料が高いとされている職業の方は仕事内容も激務な場合も多く、女性にとっても人気もありますから、なかなか個人的に出会える機会も少ないと思います。何かのきっかけが必要でしょうからコンパやサークルなどがあれば積極的に参加してみたほうが良いでしょう。

そして結婚相談所を利用することもできます。結婚相談所では人気度の高い職業に従事されている方も多く、もしくは入会にさいし、一定以上の収入が必要とされていますので、そういった方を本気で探している女性であればかなりの確立で紹介していただけるかと思います。

パートナーエージェントの資料請求をする

基本的に男性の年収は若い時に低く、年齢があがるにつれて、収入が伸びていくという傾向も見られます。かならずしもそうではありませんが、安定性の強い職業ではそうなっています。

なのでやはり若いときに、相手の長所を見出して、相手の将来性をみることは大事ですね。そうしておつきあいしてみて、自分との相性も合えばいい結果が出せるのではないでしょうか。

スポンサード リンク